・HOME  ・リンク  ・サイトマップ  

焼きそばの楽園へようこそ

古くは中国、炒麺から発祥した由緒正しき料理です。しかし、今では実にお手軽に、軽く「昼はやきそばにしよう」と言った感じで食べられています。B級グルメ不動のレギュラーであり、彼女と食ったら歯に青海苔というベタネタまでも提供してくれる愛すべき存在。ここは、そんな焼きそばを愛してやまない人にささげるサイトです。

どんなところが魅力?

焼きそばを辞書で調べると、「油を使って加熱した中華麺に調味したもの」と、実にあいまい。作り方のバリエーションが豊富なので、かなり間口が広いんですね。実際は中華麺でなくてもいいし、麺そのものには味付けせずに上からあんをかけていただくものがあったりと、ほんとにバリエーション豊かというか、なんでもアリです。これだけアレンジがあると言う事は、それだけ日本人に愛されてるってことでしょうか?安いし手早く出来るし美味しいし、と3拍子揃っていますから納得かと。でも、確かに作るだけなら手軽なのですが、トッピングにこだわったり、調味にこだわりだしたりすると意外なほどの奥深さ。素材が安いので、ガンガン試せますし、失敗しても食えないほどまずいということが少ないのも魅力です。皆さんもガンガン試してみませんか?

▲Page Top

当サイトのご案内

それでは、当サイトについて、ちょっと紹介してみましょう。このサイトは大きく分けて5つに分かれています。どこから読んでもまったくかまわないので、気になるメニューがあったらお試しを。

いつもの焼きそば

昔はヤキソバというと、しょうゆ味のヤキソバのことを指していました。しかし、次第に関西でソース味が主流になり、さらに関東にも普及したおかげで、今ではただヤキソバというとソース焼きそばのことと認識されます。しかしその他にも管理人が良く食べる塩や、あんや具をかけていただく五目・あんかけなどがあり、定番としてメニューに並んでいますね。ここではこうした中でも比較的ポピュラーであろうメニューを紹介しています。

もっと詳しく見る

いつものに飽きたら

管理人はこんなサイト作るくらいですからヤキソバ大好きです。しかし、好きでしょっちゅう食べるからこそ、いつもの焼きそばに飽きることがあります。でもとにかくヤキソバは安い!管理人のようにエンゲル係数が高い人間には、ヤキソバで食いつながなくてはならない時がよくあります。そんなときはいろいろ実験をかねて、オリジナルなやきそばを作っているので紹介してみます。似たようなものはよく見かけますが、レシピは完全オリジナルなので、良ければ作ってみてくださいね。一応、家族・友人にて実験は済ませている安心レシピです。

もっと詳しく見る

旅先で食べるご当地 焼きそば

やきそばは中華料理を原型に、日本独自の成長を遂げた国民食の一つだと思います。そして、こういう料理は必ずといっていいほど、その土地土地によっていろんなアレンジが加わるものです。ということで、やきそばにも郷土色の強いやきそばたちが一杯あるんですね。いまではご当地やきそばとして、わざわざ遠くから足を運ぶ人がいるくらいに、ブーム花盛りです。中でも特に有名なに富士宮・横手のご当地焼きそばについて考えてみましょう。ついでに海外のヤキソバも紹介して、ワールドワイドなサイトを目指します。

もっと詳しく見る

やきそばのあれこれ

表題どおり、やきそばについてあれこれ考えてみました。やきそばの元は中国の炒麺ですが、当たり前ながら今みたいにソースで味付けしたわけではありません。少なくとも中国では、今だってヤキソバにソースは入れません。では、なぜ日本ではソース味が浸透したのか? また、やきそばにあうトッピングは紅しょうがが定番と言われていますが、本当に紅しょうがイズナンバーワンなのか、といったおバカな話題について、少しまじめに考えています。

もっと詳しく見る

やきそばのお仲間

そば(麺)を焼くという意味では、世界中にあるやきそばという調理法。日本だって有名どころの焼きうどんなどを始めとして、さまざまなバリエーションがあります。そういったやきそばのお仲間たちについても紹介してみましょう。やきうどんとやきそばの意外な対立や、管理人も大好きな広島焼きといった有名どころのほかに、ローメン、瓦そばなどヤキソバのお仲間たちについて紹介しています。

もっと詳しく見る

▲Page Top

いつもの焼きそば いつもの焼きそばに飽きたら 旅先でも焼きそば 焼きそばのあれこれ 焼きそばのお仲間
このページをブックマークする