・HOME  ・リンク  ・サイトマップ  

群馬県太田市名物太田焼きそば

群馬県(上州)名物と言えば、かかあ天下とからっ風。それに今回紹介する太田焼きそばですね。富士宮、横手に続く第3のやきそばの町として、ご当地やきそば界に参戦してきた雄です。やきそば店の人口との割合もかなり高く、やきそばの町として最近注目を浴びています。

太田焼きそばとは

では、太田焼きそばとはどのようなものなのか? 実は、この街に普及した要因の一つがこの太田市の経済。なにしろ名だたる会社の工場がこの近辺に集中していたので、必然的に全国から出稼ぎ労働者が集まってきました。彼らにとって、やきそばは安くておいしい、しかも手軽。というわけで人気のメニューになったのです。そして、全国から集まってきた人ですから、それぞれ好みが違うわけで、やきそばにもそれが反映されていきました。つまり「なんでもアリ」なんですね。ほかのご当地焼きそばにある「この麺を使用しないとだめ」とか「この具が入っていないとだめ」といった決まりごとがほとんどありません。店ごとに味が違う、だからいつでも新鮮にやきそばが食べられる、それが太田焼きそばの魅力です。

▲Page Top

麺について

太田焼きそばは、基本として何でもありですが、やはり大多数のお店が採用しているパターンと言うのがあります。その元になる麺は、太めでやや平べったく、もちっとした食感がします。そして、初めて見たら多分「黒っ!」と突っ込みたくなるその凶悪なまでの色合い。ところが、見た目から想像する「濃くてキツイ」という予想を裏切り、するっと食べられる味。太田焼きそばは安くてボリュームがあるお店が多いので、濃い味付けでは食べきれないでしょうが、これならいけます。

▲Page Top

具材について

太田焼きそばの具のほうなのですが、これが男らしくキャベツのみと言うところが多いようです。具材にまわす分、麺のボリュームにあてているのではないかと思われるほどです。出稼ぎ労働者が小腹の空いたときに利用していたという経緯があるだけに、満足感を重視しているのではないでしょうか。ところが、このキャベツだけと言うのが麺の多さと比例して食べやすく、しかもあっさり味にあうのでいくらでも食べられる・・・という好循環を生み出しています。太田焼きそばに関しては、麺と具を分けて考えるのではなく、シンプルな具材に引き出される麺そのもののおいしさを味わうのが「通」と言うことになるんでしょうね。ただ、いまでは具材に凝っているお店も多いようです。

▲Page Top

太田焼きそばの歴史

横手やきそばとは違い、いつ出来たのかははっきりしていません。さっきも書いたように、全国の出稼ぎ労働者たちの中で自然に郷土のやきそばを持ち寄って出来たのが始まりとされています。その中でも秋田県・横手焼きそばの影響が大きかったようですね。とりあえず各地のやきそば好きが持ち寄って出来たといえる太田焼きそばには、他には無いパワーとインパクトがあります。最近ではこの多種多様な味を制覇しようと食べ歩く人も多いらしいです。

▲Page Top

太田焼きそばのレシピ

とりあえず、具材のキャベツは全国どこでも手に入るからいいのですが、麺は地元以外ではまず入手が難しいのと、例の黒いソースの問題が大きいのが難点ですね。普通の麺とソースで作ると、ただのソースやきそばになってしまいますし・・・実はカップやきそばには太田焼きそばが売られているんで、そちらを食べてみると言う手もありですが。なるほど、わざわざ遠くから太田市まで出向くお客さんが多いというのもうなずけますね。

材料(2人前)

  • やきそばの麺 2袋(出来るだけ太い麺を選びましょう)
  • ソース 適量 (辛めなのでウスターソースメインで)
  • キャベツ 葉っぱ3枚ほど
  • 塩コショウ 少々
  • 青海苔 適量

▲Page Top

太田焼きそばの作りかた

太田焼きそばは多種多様なので、これが入っちゃダメとかいう、うるさい事はありません。自由に具材を追加してもいいでしょう。ただ個人的にはシンプルなのが太田やきそばだと思うので、あまりごちゃっとさせない方がいいと思います。

  1. キャベツを普段より大きめに切り分けます。
  2. キャベツと麺を袋に指定された分量の水で炒めあげます。
  3. 水分を飛ばした後、ソースをまぜ、皿に盛り付けて青海苔をふったら完成。

より太田焼きそばに近づける

さすがにこのままだと、ただのソースやきそばとあまり変わらないので、もう少しだけでもそれらしくする工夫として、ソースを紹介します。実は「太田焼きそばソース」というものは無いようなのですが、太田やきそばを提供しているお店でよく使用されているソースがあります。それが月星ソースさんの焼きそばソース。小売・通販もしてくれているようなので、興味があればどうぞ。

▲Page Top

いつもの焼きそば いつもの焼きそばに飽きたら 旅先でも焼きそば 焼きそばのあれこれ 焼きそばのお仲間
このページをブックマークする