・HOME  ・リンク  ・サイトマップ  

いつもの焼きそばに飽きたら

ソース焼きそばやあんかけ焼きそばはおいしい! でも、毎度のことだとさすがに飽きが来ませんか? ここからはいつものソースやきそばをあれこれいじり倒して、ちょっと変わった味にかえてみましょう。ここでは味付けそのものにソースを使わない、ソースやきそばだけど具材を変えてみる、やきそばをほかの料理とあわせてみるという3種類の方法で飽きを消そうと考えています。やきそばは飽きたけど、冷蔵庫に賞味期限が切れそうな焼きそば麺が残っている場合、お役に立ちます。

焼きそばに飽きちゃったら

本当は、ほかの料理を食べましょうが正解ですね。でも、焼きそばが好きな人もいるでしょうし、三食入り百円の安さから逃れられない人も多いでしょう。管理人はどっちもなので、なんとしても新しい味の開発にこだわります。そんな悪戦苦闘の中で生まれたレシピから、今回紹介するレシピは基本的にほかの料理を応用したものをチョイスしました。これなら誰が食べても極端にまずいということはないはずです。ただちょっと濃い目の味付けが好きなので、普通の人には濃いレシピかもしれません。そこだけ自分で調整してくれれば、基本的においしいものばかりです。

▲Page Top

味付けを変えてみる

塩焼きそばが最近復活したのも、ソースやきそばに飽きた人のおかげかもしれません。目先を変えるには、調味料そのものを変えてみるのが一番手っ取り早いかと思います。基本的に中華麺なので、塩だろうとしょう油だろうとラーメンにあうものなら大概あいます。麺をパスタととらえてケチャップ味なんてのも意外とおいしいです。(実験済み)その中から無難で、多分誰が食べてもおいしいであろう調味料を使ったやきそばの作り方を2つ紹介しまう。一つは日本人の大好きなカレーを使ったカレー焼きそばと、和の心に欠かせないしょう油を使ったしょう油焼きそばです。どっちもおいしいですよ。

もっと詳しく見る

▲Page Top

具材を工夫してみる

やっぱり焼きそばの味はソースがすき! という人のために、ソースやきそばだけど、定番の具材をちょっと変えてみたのがこちら。具材そのものの味が変わるので、同じソース焼きそばなのか? と思うくらい味が変わってきますし、見た目も変わりますから「ヤキソバ飽きた!」とお嘆きのあなたにピッタリだと思います。ここでは好きな人が多いツナを使って仕上げるツナ焼きそばと、管理人の大好きな豚キムチを使った豚キムチ焼きそばを紹介して行きます。どちらもなかなかおいしいはずなので、冷蔵庫にこんな具材を見かけたらぜひお試しください。

もっと詳しく見る

▲Page Top

他の物をあわせる

焼きそばに飽きたら、やきそばをさらに具にして楽しんでみると言うのはいかがでしょうか? やきそばパンや、広島焼き、やきそばまんなど炭水化物に炭水化物と言うコラボって意外と多いです。やきそばは単品だけではなく、ほかの料理の具になることも多い料理ですね。特にヤキソバパンなど、学校の購買で争奪戦が繰り広げられる人気っぷり。そんな人気に便乗しない手はないだろう、ということで焼きそばサンドとオム焼きそばの2種類について紹介していきます。特に焼そばサンドは普通の焼そばパンよりおいしいと思うんですがどうでしょうか? もちろん、半熟玉子とろとろのオム焼きそばもうまいです。玉子を焼くコツも紹介してますので、ためしにいかがでしょうか?

もっと詳しく見る

▲Page Top

やきそば探検隊・その2

ここでは紹介しなかったんですが、管理人オリジナルメニューとして焼きそば餃子があります。作り方も簡単で、焼そばを短く切り、餃子の皮で巻き込んで揚げてしまうと言う大雑把なメニュー。中に火を通す必要が無いので、油の温度を高くして高温でカリカリに揚げるのです。あとは好みで酢醤油などをたれにしていただきます。結構おいしいのですが、たとえ一袋分の麺でも餃子の具にすると異様に数が作れてしまうので、レシピとしての紹介は避けました。けどカリカリサクサクの感触はかた焼きそばの感触とも似て、捨てがたいものがあります。おいしいことはおいしいので、だれか試してみませんか?

▲Page Top

いつもの焼きそば いつもの焼きそばに飽きたら 旅先でも焼きそば 焼きそばのあれこれ 焼きそばのお仲間
このページをブックマークする